こどもの歯を守るために

6月 26th, 2017

こんにちは☆歯科助手の加藤です☆

いまドクター・衛生士・助手の中で歯科についての本を回し勉強をしています(*^^*)

その中でこどもの歯について紹介します☆

こどもの歯は生後1歳4ヶ月ころ上の奥歯が顔をだします。その頃になると幼児食も奥歯で食べられるようになるため口の機能という面でも大切な時期になります。

奥歯は下から生える永久歯よりも乳歯の方が大きいため歯の交換がスムーズに行われます。ですが虫歯が原因で歯が溶けた場合や抜歯をすることになることがあればせっかく余裕のある交換スペースが消失することになります(*_*)

乳歯の奥歯の重要な役割はその後に生える第一大臼歯の生える位置決めに貢献しているので永久歯の歯並びや咬み合わせを育てる為にも乳歯の奥歯を大切にしましょう(*^o^*)!


カテゴリー 松代歯科日記