大洗水族館

10月 2nd, 2017

こんにちは。歯科医師の乙部です。

今回は、色々な生物に出会って来ましたので、大洗水族館の生物をご紹介していきます。

カクレクマノミです。

ご存知ですか? チンアナゴとニシキアナゴです。

エイとイワシとサメです。大勢が同じ水槽で仲良く暮らしています。

マンボウです。

クラゲです。

写真はないのですが、この水族館はサメが有名で、飼育しているサメの種類が日本一だそうです。

あの怖〜いギザギザの歯を近くから見てきました。

サメは想像より食いしん坊ではないそうで、餌やりのイベントでも殆ど食べていませんでした。

飼育員の方はサメ一匹一匹を、身体的(例えば背ビレ、胸ビレ、尾ビレ等の形や色の)特徴等で覚えていて、その日の食事の状態を気にしながら、餌を与えているというお話を聞いて、驚嘆しました。

私達もみんなで一丸となって、きめ細やかな対応も心掛け、皆さんの健康の一助となれるよう日々努めたいと思います。


カテゴリー 松代歯科日記