院長家四男『ティオ』

11月 24th, 2011

院長家のティオがこんなに大きくなりました!

幼稚園入園?!


カテゴリ 松代歯科日記

研修旅行 in鎌倉

11月 24th, 2011

10月某日…研修旅行で鎌倉に行ってきました。

江の島探索では、江ノ電にゆられ、漁船にも乗り、洞窟へ…

 

 

 

江の島神社で、健康祈願!!!

鎌倉の大仏では、中にも入ってみました!

 

 

 

帰りに、横浜の中華街でランチして帰宅。 

とっても楽しく、いい勉強になった旅でした!


カテゴリ 松代歯科日記

あなたの歯周病の進行度は?

11月 24th, 2011

症状が進むほど治療が大がかりに。治療の早期開始をオススメします。

症状その①
歯ぐきがプクっと腫れて、疲れた時などにムズムズすることがある。
朝起きると口の中がネバつき、歯ブラシすると出血するのが気がかり。歯ぐきがやせたり、歯が長くなったりはしていないし、噛む時にも違和感はない。

『歯肉炎』になっているのでは?
 炎症はおそらく歯ぐきのみ。セメント質、歯槽骨や歯根膜はまだ破壊されてはいないでしょう。
今ならもとの健康な状態に回復させることができます。
歯科医院で検査を受け、プラークと歯石を除去しましょう。また、ブラッシング指導をうけて、あなたに合ったプラークコントロールをマスターすれば、1~2週間で炎症のない歯ぐきに戻るでしょう。

症状その②
 歯ぐきが腫れ、ムズムズするような違和感がある。歯みがきをすると歯ぐきから出血し、疲れた時など、歯が浮くような感覚が。歯ぐきがやせはじめ、歯が以前より長くなった。歯が揺れるほどではなく、今の所普通に噛める。

『軽度歯周炎』になっているのでは?
 すでに炎症によってセメント質、歯槽骨と歯根膜が破壊されている可能性大。
このままでは、ジワジワと破壊される一方です。いまならまだ、外側からの歯石除去=スケーリング&ルートプレーニングで治療できるでしょう。すぐに治療をはじめてください。
セメント質、歯槽骨や歯根膜が大きく失われて治療が大がかりにならないうちに病気の進行を止めましょう。

症状その③
 歯ぐきが腫れて赤黒く、歯を磨くと出血がある。
歯ぐきがひどく腫れて痛むこともあるが、しばらく我慢していると膿が出て治まる。
歯槽骨が減り、歯ぐきがやせて歯が長くなっているし、歯の隙間が開いて、以前より出っ歯になってきたようだ。

『中等度歯周炎』になったのでは?
 歯を支えるセメント質、歯槽骨と歯根膜が失われ、噛む力で歯が動いてしまっているようです。
ときどき起こるひどい腫れを放置していると手遅れになることも!
一刻も早く治療を始め、炎症を止めて歯を救いましょう。
口もとの見た目を若々しく回復させるには、矯正や再生療法などの専門的な歯周治療が必要になることも。気長な治療が必要です。

症状その④
 歯ぐきが赤黒く腫れ、膿が出る。ごく柔らかい歯ブラシでないと痛くて歯磨きができない。
歯槽骨が失われて歯が長くなり、歯が動くので歯に隙間ができ、歯並びはガタガタに。歯が動くので噛みにくいうえ、痛みがあって食事がつらい。強い口臭もある。

『重度歯周炎』になっているのでは?
 歯を救うには、再生治療などを用いた専門的で長期的な歯周治療が必須です。
また、専門的な歯周治療を駆使しても、手遅れの歯もあることでしょう。
残せる歯については気長に治療を続け、また抜歯せざるを得ない場合は、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどのその後の治療計画について歯科医師と相談しましょう。

 

 

自分では気づきにくい歯周病。
でも、もしかしてこのなかに思い当たる症状はありませんか?
さっそく検査を受けましょう!


カテゴリ 松代歯科日記

破折歯(歯牙破折・歯根破折)の「再植術」と「自家移植術」

11月 24th, 2011

歯の破折(歯牙破折・歯根破折)は、実は成人の歯を抜く理由の1位であることをご存知でしたか?

 

今まで歯を抜く理由で「破折(歯牙破折・歯根破折)」は虫歯・歯周病に統計上入れられていましたが、

破折という項目を加えると1位になってしまったのです。

 

では、どういうケースが多いのか?それは神経を取り除いた歯です。

神経の治療を終えた後、土台を入れて差し歯を作ります。

ただし、日本の場合は土台は保険治療で金属しか認められてません。

その金属の土台が歯には固すぎるのです。

歯の中央に入った金属の土台が歯に杭を打っているのと同じことになってしまっていたのです。

毎日噛むことが仕事の歯にとって自分で自分をいじめていたのです。

これは随分以前から指摘されていました。

現在は金属ではなく強化型のプラスチックの土台が使用できるようになりました。

ただし、これは日本の特異性で保険治療には入っていません。

 

ここからが今回の本題です。

歯が割れたら、以前は他院と同じように、当院も歯を抜かざるを得ませんでした。

ただし、日本のメーカーの生体親和性に優れた強力な接着剤のおかげで、

破折した歯も普通の歯と同じように修理をすることで噛めるようになりました。
では、どのようにするのか?

まず破折線が、歯冠部に限局あるいは、根の先端まで及んでいないケースは、

歯の中から破折線を追求し、汚染された部分を取り除き、接着剤で修復します。

その後に必要であれば、土台をプラスチック系で作り直し、差し歯を作って装着して終了です。
では、破折線が根の先端近くまで及んでいる、もしくは完全に破折片が遊離している。

このようなケースでは歯を抜いて処置をします。

可能ならば、プラスチック系の土台を作って歯を強化した後に

出来るだけ損傷せずに歯を抜きます。

その後に汚染した部位を取り除き、破折片を接着させます。

その後に再度、抜いた部位に戻す再植術を行います。

隣りの歯と固定して1~2か月経過を観察し、差し歯を装着します。

場合によっては歯を浅く再植する事もあります。

これは、往々にして破折した歯はフェルールといって、

歯肉上に出ている健全な歯の部分が少なくなっているか、

ほとんどないケースが多いのです。

健全な歯質が充分ある場合に比べ、2倍以上強度が劣り、破折の原因になっています。

それを回避するために浅く再植して、歯肉上の健全な歯の部分を確保するのです。
そんなことが可能なのか?

可能です。

実は歯の自家移植術という方法が、破折歯の再植に先行すること20年前から行っています。

これは抜いて歯のない状態の部分に、使っていない健全な親知らずなどを移植します。

当然抜いた歯の穴とピッタリと適合はしません。

しかし、健全な親知らずを損傷なく抜くことができれば、

根の周囲に骨を誘導する能力を持ったコラーゲン線維である歯根膜のおかげで、

移植した歯とのギャップを骨が埋めてくれます。

全て、自分の歯だから可能なのです。

実際は親知らずに限らず、使われてない歯、歯並びから飛び出している歯であれば可能です。

 

術前の状態です。

 

抜歯後の状態です。

 

破折片の確認(ファイバーコア、歯根、破折片)

 

歯根部位の破折部位確認

 

スーパーボンドにて破折片接着

 

余剰セメントの除去、再殖前

 

再殖後の口腔内、隣在歯とスーパーボンドで固定

 

当院では歯を抜かざるを得ないケースではインプラント治療を専門に行っていますが、

その前に抜かなくてすむ方法も提供しています。

破折歯の再植術、自家移植術、インプラント。歯がダメな時はこれらの方法があります。

もう1つの症例をご紹介します。

 

抜歯後、根分岐部の汚染確認

 

汚染部の除去

 

汚染部の除去後、スーパーボンドにて破折部接着、硬化後、余剰部研磨

 


再殖前の確認

 

 

もし、受診している歯科医院で、歯を抜きましょうと言われたなら、

セカンドオピニオンとして、当院にご相談してみて下さい。


カテゴリ 松代歯科日記